トートバッグ日和
HOME >> 使いこなそう! >> 男性が持つトートバッグ

男性が持つトートバッグ

女性が使って便利なトートバッグは、もちろん男性にとっても便利です。今、多くの男性がトートバッグを使っていますが、まだ抵抗を感じている人もいるのではないでしょうか。トートバッグをこよなく愛する者としては、トートバッグ好きの男性が一人でも増えてくれると嬉しいな〜と思います。

男性がトートバッグ?!

“トートバッグは女性が持つもの”という考えは、もう古いです。街中では、トートバッグを持った男性をよく見かけるようになりました。今では男性も女性と同じように、仕事でもプライベートでも、トートバッグをフルに活用しています!とても実用的なトートバッグは、ザクザクものを入れられるので男性にも大人気となっているんですね。さて、男性には、どんなトートバッグが向いているのでしょう?

男性用トートバッグの選び方

男性用のトートバッグを選ぶときにも、サイズや素材など、基本的には女性モノと着眼点は同じです。これを参考に、選んでみてください。

サイズ

仕事用のトートバッグなら、B4サイズの書類やノートパソコンが入る大きさがいいでしょう。また、マチがたっぷり付いているものを選ぶと、収納力抜群で使いやすいですよ。仕事用はL、プライベート用はMサイズをおすすめします。

素材や色

仕事用であれば、革のトートバッグがいいと思います。高級感かつ落ち着きのある素材でスーツスタイルにも似合いますよ♪プライベート用は、キャンバス地やナイロン製でもいいでしょう。雨などにも強いですしね。仕事用、プライベート用、どちらにしても耐久性に優れ、できるだけ軽い素材のものを選びましょう。色は黒や茶、ネイビー、ときには白やグリーン、オレンジなどもおしゃれですね!

持ち手

男性用のトートバッグのなかには普通の持ち手のほかに、肩掛け紐が付いているものもあります。なので、持ち手は長すぎず、短すぎず、ちょうどいい長さのものを選びましょう。また、肩掛け紐が付いていないトートバッグの場合でも、肩に掛けて持ちたいなぁ〜という人は持ち手が長めのものを選ぶといいですよ。

鞄口

男性の多くは、Lサイズのトートバッグを持つでしょうね。Lサイズのトートバッグは特に全体の大きさに伴って、口も大きくなっています。トートバッグはもともと口の大きさが特徴なので、できるだけ口の大きなものを選んでください。

男性用トートバッグの人気ブランド

男性用のトートバッグにも、いろんな人気ブランドがあります。そこで、いくつかのブランドを紹介したいと思います!ちなみにホワイトハウスコックスとエッティンガー、フェリージは仕事用、LLビーンとフィルソンはプライベート用に向いています。

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

ホワイトハウスコックスは、1860年にイギリスで誕生した高級皮革製品のブランドです。ホワイトハウスコックスのトートバッグは、センスの良さで人気を集めています。革の質感が何とも言えない雰囲気を出しています。

エッティンガー(ETTINGER)

エッティンガーは、1934年にイギリスのロンドンで誕生した皮革製品のブランドです。老舗エッティンガーのトートバッグは、滑らかで手にとてもよく馴染み、細かい部分まで丁寧な仕上がりになっています。

フェリージ(Felisi)

フェリージは、イタリア北部の世界遺産にも登録されているフェラーラという街で誕生したブランドです。ナイロン製のトートバッグなら、フェリージがいいですよ!カラーバリエーションも豊富なので、おすすめです。

LLビーン(L.L.Bean)

LLビーンは、1912年にアメリカで誕生したアウトドア・ファッションのブランドです。LLビーンのトートバッグは丈夫なものから、やわらかいものまで様々な素材で作られています。ジーンズにもよく合いますよ!

フィルソン(FILSON)

フィルソンは、1897年にアメリカのワシントン州で誕生したアウトドア・ファッションのブランドです。フィルソンといえば、厚くて丈夫な帆布のトートバッグが有名でしょう。少しくらい雑に扱っても平気なのが嬉しいですね。