トートバッグ日和
HOME >> 使いこなそう! >> エコバッグとして

エコバッグとして

環境問題への関心が高まり、マイバッグ運動が盛んに行われている最近、トートバッグをエコバッグとして利用する人が増えています。数あるバッグの中でトートバッグが一番、エコバッグに適しているのではないでしょうか。トートバッグで、地球環境を守る手助けができたら嬉しいですよね♪

エコバッグとは?

エコバッグ…最近よく耳にするようになりましたね。エコバッグは、コンビニやスーパーなどで買い物をするともらう「レジ袋」の代わりに使うバッグのことです。日本国内では、年間約300億枚もの「レジ袋」が使われています。これを石油に換算すると、約56万klになります。今、「レジ袋」削減のニュースが頻繁にテレビなどでも流れていますが、このレジ袋を減らすことで、ゴミの削減や原油の節約につながります。そして、さらには地球温暖化の原因の一つと言われている二酸化炭素を削減することにもなるのです。と、そこで登場するのがエコバッグ!「レジ袋」ではなく、エコバッグを使いましょう。大きなエコバッグを一つ持ち歩けば、いくつもの袋を持つ必要はありませんし、しかも環境に良いなって一石二鳥だと思いませんか?

トートバッグがエコバッグに!

「わざわざ新たにエコバッグを買うのは面倒…」そう思う人は、家に大きめのトートバッグはありませんか?それで十分です。大きめのトートバッグは、エコバッグにうってつけ!もともとトートバッグは、たくさんの物が入るように中にあまり仕切りがない作りになっているので、食料品の買出しにもピッタリです。できれば、薄くて丈夫な生地のトートバッグだと、なお良いですね。大きめのトートバッグがなくても、Mサイズがあれば、買い物の内容によっては、十分に使えます。みなさんも使っていないトートバッグが家に眠っていたら、エコバッグとして使ってみてください!

エコバッグの選び方

反対に「この機会にエコバッグを一つ買いたい!」と思っている人もいるでしょう。エコバッグを持ち歩く人が増えてから、様々なタイプのものが売られるようになりました。カラフルなものや機能的に優れているものなど、色んなものがありすぎて迷ってしまいます…。どのように使うのか、よく考えて選ぶようにしてくださいね!ここで、エコバッグの種類をいくつか紹介することにしましょう。

トート型エコバッグ

トート型のエコバッグは、その使いやすさで大人気!中身が見えないファスナー付きだったり、ポケットがたくさんあったり、取り外しできるミニバッグ付きだったり、保冷・保温機能があったり…色々とお役立ち機能が付いています。

レジカゴ型エコバッグ

レジカゴ型エコバッグは、その名のとおりレジカゴにすっぽり入ってしまうエコバッグです。お会計後に移し変えるカゴにセットすると、店員さんが袋詰めをしてくれて、とってもラク♪脇に付いているファスナーを閉めると、トートバッグになるものなどもあります。

レジ袋型エコバッグ

レジ袋型エコバッグは、「レジ袋」と同じ形をしていても、「レジ袋」より丈夫というメリットがあります。マチもたっぷりめで安心して買い物ができます!クルクルまるめれば、コンパクトに収納もできて便利ですよ。

カート型エコバッグ

カート型エコバッグは、バッグの底に小さな車輪が付いているものです。これなら、重い荷物で腕や腰を痛める心配はありません。30Lの大容量が一般的なので、週末のまとめ買いなどに最適ですね♪折りたたむと、小さくなります。

カゴ型エコバッグ

カゴ型エコバッグは、要するに昔の買い物カゴです。このタイプのエコバッグは中身が見えてしまうため、嫌う人も多いはず…。けれど、内側に巾着が付いているものだったら安心して使えますね。涼しげで夏におすすめですよ!