トートバッグ日和
HOME >> 使いこなそう! >> バッグに入れるもの

バッグに入れるもの

みなさんは、トートバッグに何を入れて持ち歩くでしょうか?普段からたくさんの荷物を持つ人、ほとんど手ぶらに近い状態で出かける人もいますね。必要だと思うものは人それぞれ…。ここでは、中にどんなものを入れるかを考えて、トートバッグを上手に使いたいですね。

あなたは何を入れる?

いつも外出するときは、何を持って行くでしょう?もちろん、それは“どこに行く”のかにもよりますね。また、車を運転していくのか、交通機関を利用するのか、それとも歩きで行くのかによっても違ってくるでしょう。ちょっとした外出であれば、お財布・鍵(車と家)・運転免許証・携帯電話・ハンカチ・ティッシュ…これくらいでしょうか。歩きで買い物に行ったり、お茶しに行くときなどは、車の鍵と運転免許証は要りませんね。ただ、運転免許証は身分証明にもなるため、車を使わなくても常に携帯するという人もいるでしょう。あと、女性なら化粧ポーチも常に持ち歩く人が多いですね。また、学生なら筆記用具や勉強道具などですし、ビジネスマンなどはパソコンや仕事上の様々な書類、スケジュール帳なんかを入れるでしょう。職種によっても、持ち物は異なりますね。さらに、育児中のお母さんは、子供のおむつやタオル、おしぼり、哺乳瓶、着替えなど、必要なものが多く、どうしても大荷物になってしまいます…。

入れる場所を決めよう

さて、何を入れるかが決まったら、今度はそれらをトートバッグのどこに入れるかを決めましょう。基本的には、仕切りの少なさがトートバッグの特徴ともいえるのですが、今のトートバッグは仕切りの代わりにポケットがたくさん付いているタイプが増えています。そのポケットを活用して、きれいに収納しましょう。ハンカチやティッシュ、鍵類は取り出しやすい外側のポケット、お財布や携帯電話は内ポケットというように、使う頻度や重要度によって持ち物を入れ分けるといいですよ。あと、買い物したものなどは、大きくて重いものから順に入れていくなどすれば、見た目もトートバッグがボコボコにならずにスマートに持ち歩けます。それぞれ、入れる場所を決めておくと、トートバッグの中が散らからないので、物が探しやすくなります。

詰め込みすぎないために

お気に入りのトートバッグは、毎日使いたいですよね。しかも便利だからと言って、あれもこれもと詰め込みすぎていませんか?詰め込みすぎは、トートバッグの寿命を縮めてしまうので、気をつけましょう。では、詰め込みすぎないためには、どうすればいいのでしょう?まずは、必要のないものを入れないが鉄則です!「いざというときのために…」とか「これがないと不安…」などという人もいるでしょうけど、今出かけるのに本当に必要なものだけを持つように心がけましょう。私もそうですが、いっぱい持って行ってはみたものの、全然使わなかった…ということが結構あります。こうして、本当に必要なものだけを持ち歩くことで、トートバッグへの物の詰め込みすぎを防止できます。

その他・トートバッグに入れるもの

ここで、上記で紹介したもの以外でトートバッグに入れるものを見てみましょう。みなさんのトートバッグに入っているものはありますか?

  • デジカメ
  • PDA(個人用の携帯情報端末)
  • iPod(携帯デジタル音楽プレイヤー)
  • ゲーム類(ニンテンドーDSなど)
  • 電子手帳
  • 単行本
  • お菓子類(アメやガムなど)
  • お弁当

個人的に思いつくものをいくつか挙げてみました。なかでも、ゲーム類は男性、お菓子類は女性が多く持ち歩いているようです。また、単行本は男女共に持ち歩いている人がたくさんいます。通勤途中の電車やバスの中などで、読むんですね。お弁当はともかく、ほかのアイテムはどれも、ちょっとした空き時間のリフレッシュにも役立つものばかりではないでしょうか。