トートバッグ日和
HOME >> 基礎知識 >> お手入れ

お手入れ

お気に入りのトートバッグは、いつまでも長く使いたいですよね。そのためには、日頃のお手入れが大切になってきます。バッグのお手入れといっても難しいことではありません。誰でもすぐにできることなので、定期的にやるようにしましょう。

特別なお手入れが必要?

みなさん、愛用のトートバッグのお手入れはしていますか?トートバッグだけではなく、どんなバッグでも使っているうちに、自然と汚れてくるもの…。多少の汚れなら、「味がある」で済まされるかもしれませんが、生地によっては汚れがすごく目立ってしまう場合もあります。なので、定期的にお手入れしたほうがいいでしょう。また、長い期間使わないときは、乾燥した場所で保管してくださいね。トートバッグのお手入れは、特別なことをする必要はありません。次の項目で、トートバッグのお手入れ方法を見ていきましょう。

普段のお手入れ方法

トートバッグは素材によって、色落ちや色あせの具合が違ってきます。そのなかでも綿製のものは長い間使っていると、どうしても色落ちしたり、色あせてしまいがちですよね。水にぬれた場合は乾いた布で拭き取って、陰干しにしてください。また、汚れが気になる場合は水で薄めた中性洗剤を布にふくませて、たたくように拭き取ってから、少し固めにしぼった布で丁寧に水拭きしましょう。そのほか、トートバッグの色によってはホコリも気になりますし、帆布などの素材やデザインが網目模様になっている場合はその網目にホコリがたまりやすいですよね。そういうときは、毛先の柔らかいブラシでブラッシングするといいでしょう。

どうしても洗濯したい場合は…?

型崩れや色落ちを防ぐために、バッグは基本的に洗わないほうがいいでしょう。もちろん、洗濯機を使うこともおすすめできません。「…でも、やっぱり自分で洗いたい!」という人もいるかと思います。そんな人のために、ここでトートバッグを傷ませないやさしい洗濯方法を紹介しましょう。もし、汚れがあまりにもひどくて、自分では落としきれないという場合には、思い切ってクリーニングに出す…という手もありますよ。大切なトートバッグであれば、それくらいしてもいいのでは?

トートバッグの洗濯方法

  1. トートバッグを洗濯するときは、手洗いが基本です。やさしく押し洗いしましょう。揉んだり、こすったりしないように注意してください。
  2. 中性洗剤を使って、汚れを落としましょう。色落ちする可能性があるので、漂白剤は使わないでください。
  3. 色移りする可能性があるので、他のものとは別に洗いましょう。
  4. 熱湯を使うと傷みやすくなるので、ぬるま湯で洗いましょう。
  5. 色がさめないように、日陰干しにしましょう。

5つのお手入れポイント

  1. 雨などで濡れてしまったときは、柔らかい布でたたくようにして水分を取り、風通しのよい場所で形を整えて陰干ししましょう。
  2. 型崩れやニオイが付くのを防ぐために、使い終わったら中を空にしましょう。
  3. 梅雨の時季や湿気の多いときは、カビを防ぐため十分に陰干して水分をとってから保管しましょう。
  4. 通気性のいい布などに包んで、風通しのいい場所に保管しましょう。
  5. たとえ布製のバッグでも、洗濯機での丸洗いは避けましょう。