トートバッグ日和
HOME >> 基礎知識 >> できるまで

できるまで

丈夫な長持ちするトートバッグは、しっかりとしたつくりでなければいけませんよね。縫製がちゃんとなされているものを選びたいものです。ここでは、トートバッグの製造工程を紹介したいと思います。どのように作られているのかが分かれば、ますます愛着もわくでしょう♪

トートバッグの製造工程

それでは、さっそく製造工程を見ていくことにしましょう。ここでは、トートバッグの製造工程として紹介しますが、基本的にはどんなバッグでも製造方法はほとんど変わりません。

生地の裁断

まずは、生地を裁断するところから始めます。金型を使って、慎重にトートバッグの型抜きをしていきます。ここで、失敗するとデザインが崩れてしまうことになるので、細心の注意が必要です。工場によっては、CAMなどの近代設備の助けを借りながら、製造しているところもあります。

CAMとは?

CAMとは、「コンピュータ支援による製造」という意味です。コンピュータの力を借りて、効率アップを図ることができます。

皮革などの加工

トートバッグの生地が革などの場合は、職人さんの手による加工が必要なこともあります。一つ一つのパーツを丁寧に加工していくため、時間がかかることも…。その代わり、作り手の愛情がこもった良い製品に仕上がります。

縫製

さて、いよいよ縫製に入ります!縫製のプロによって、ひと目ずつ丁寧に縫い上げられていきます。生地がすれないように、とても慎重な作業になります。トートバッグの種類によっては、縫い目そのものがデザインになることもあるので、ここは大事なポイントです。

組み立て・仕上げ

縫製が終わったら、枠入れやホック・持ち手の取り付けなど細かい部分の組み立てをして、仕上げていきます。この仕上げ方一つで、完成度が変わってしまいます。

検品・出荷

最後に縫製に不備がないか、しっかりチェックします。ほかにも汚れ、キズ、異物混入などを確かめます。こうして、検品に合格した製品が出荷されます。

オーダーメイドのトートバッグ

インターネットで検索してみると、数多くのお店でバッグのオーダーメイドをしていることが分かります。今は既製品ではなく、自分だけのオリジナルバッグを持ちたいという人が増えているため、オーダーメイドが人気を集めています。トートバッグだって同じ…。 頻繁に使うトートバッグだからこそ、はじめから自分が使いやすいように作ってあったらなぁ〜なんて思ったことはありませんか?オーダーメイドなら、その願いが叶います!メールなどで様々な要望を伝えれば、通販で自分だけのお気に入りトートバッグを買うこともできます。もちろん、直接お店に行くのがいいですが、近くにそういったお店がない場合は、通販が便利ですよね。いろんなデザインや色の中から好きなものを選んだり、お気に入りの写真をプリントしてもらうこともできます。

バッグの職人さん

手作りのものは何でも温かみを感じますよね♪手作りのバッグも職人さんの思いが込められています。あっさりとしたデザインのトートバッグでも、よく見ると細かいところにまで職人さんのこだわりが…!今、そんな手作りのバッグに魅せられて、職人さんを目指す人も多いんですよ。自分の思い通りのバッグがほしいと願う人がいるのと同じように、自分の思い通りのバッグを作りたいと考える人もいます。そういう人たちのための、本格的なバッグ作りを基礎から学ぶことができるスクールも誕生し、ひそかなブームになっています。講師となるのは、プロの職人さんなので、たくさんの技をぬすむことができますね!こういったスクールを卒業すれば、プロのバッグ職人としての道も開かれることでしょう。また、トートバッグは練習するには、とても良いモデルなのではないでしょうか。