トートバッグ日和
HOME >> ハンドメイド >> 作り方

作り方

既製品を買うのもいいけれど、ハンドメイドブーム乗ってトートバッグも自分で手作りしてもいいでしょう。これまでイマイチお気に入りのトートバッグに巡り合えていない…そんなときは手作りにかぎります。トートバックは作り方も簡単です。

ハンドメイドのトートバッグ

自分の好きな色、素材、デザインで作ることができる…これがハンドメイドの魅力ですよね!ハンドメイドのトートバッグも根強い人気を誇っています。作り方や型紙をダウンロードできるインターネットサイトも増えているので、手軽にトートバッグを作る人も多いのではないでしょうか。また、ハンドメイド雑誌を買うと、記載されているバッグの型紙が付録として付いていることもあります。みなさんも、たくさんのアイディアを盛り込んだトートバッグを作ってみてください!次の項目からは、トートバッグの作り方を見ていきましょう。

ちょっと大人のオシャレなトートバッグ

切りっぱなしの端が何とも言えない雰囲気をかもし出すシックな大人のトートバッグ。シンプルなデザインが○。

材料

木綿綾織り<表布・裏布:各1枚(92×46cm)、持ち手:8枚(75×7cm;同じ布目方向のものを4枚ずつ)、内ポケット:2枚(20×25cm)>

手芸用ボンド

作り方

  1. まず持ち手を4枚ずつ、袋布と内ポケットは2枚を外表に合わせて、手芸用ボンドで仮留めしましょう。
  2. 持ち手と袋布は4辺、内ポケットはポケット口の部分にミシンをかけましょう。
  3. 持ち手と袋布の部分には、ランダムに細かくミシンスクラッチをしましょう。これがトートバッグの模様にもなります。
  4. 次は裏布に内ポケットを縫い付けましょう。袋布の口の部分から約12cmのところに付けます。
  5. そして、表布のほうには持ち手を縫い付けてください。袋布の口の部分から約10cm、袋布の端から約11cmのところに付けます。
  6. ここまできたら、袋布を表布が外側にくるよう(本来の形状)に折りたたんで、脇を縫います。
  7. 底の部分は、トートバッグの内側に輪を作るようにして5cmほど中に折り込みます。これで、マチができます。

大容量で超便利なトートバッグ

旅行バッグ、ショッピングバッグ、マザーズバッグ…いろんな使い方ができる大きめトートバッグ。たくさんの荷物も、これで安心♪お好きな柄でどうぞ!

材料

帆布<表布:2枚(50×55.5cm)、裏部分の見返し:2枚(9×53cm)、持ち手:2枚(16×50cm)、裏布:2枚(45×53cm)、内ポケット:1枚(19×17cm)>、綾織りテープ:2本(13cm)

作り方

  1. まずは2枚の表布を中表にして縫い合わせましょう。布の両端をつまんで三角形になった部分を14cm縫います。ここがマチになります。
  2. 次は裏布に内ポケットを縫い付けましょう。袋布の口の部分から約10cmのところに付けます。大きなトートバッグなので、ポケットの位置などはお好みで調整してくださいね。
  3. 裏布本体と見返しを中表で縫い合わせたら、縫い代の部分を表布のほうに折り、アイロンで押さえます。裏布にも表布と同じサイズのマチを作っておきましょう。
  4. 表布の縦2辺の端とマチの部分にミシンをかけましょう。
  5. 持ち手の布を半分に折って、長いほうの両端にステッチをかけます。真ん中あたりの両端を折り、布の端が隣り合った部分に綾織りテープをのせ、またステッチをかけましょう。
  6. 表の袋布は内側に約1.5cm、裏の袋布は外側に約1.5cm折って、アイロンで押さえます。
  7. 表布と裏布のあいだに持ち手を挟んで、縫い合わせましょう。袋布の口の部分から約5〜6cm、袋布の端から約5cmのところに付けます。

キットを使ってもOK!

ここでは2つのトートバッグの作り方を紹介しました。「う〜ん、でも材料を一から全部揃えるのは面倒…」そんな人もいるでしょう。
そこで、おすすめしたいのがトートバッグのキット!これなら最初から材料が揃っているので、あとは作り方を見ながら縫っていくだけ!
誰でも簡単に始められますよ♪
ハンドメイドショップであれば、キット販売しているところも多いです。