トートバッグ日和
HOME >> お気に入りは? >> 選び方〜形編〜

選び方〜形編〜

トートバッグの形と言ったら、角形でしょ!そういうイメージを持っている人が多いかもしれませんね…。基本的には四角い形をしていて、持ち手が2本付いているものをトートバッグといいますが、最近は様々な形のものが増えてきました。角形のほかに、どんな形があるのでしょう?

たっぷり入る角形

トートバッグの形としておなじみの角形。一口に角形といっても、正方形に近いもの、横長、縦長と色々なタイプがあります。サイズにもよりますが、大きめサイズのトートバッグなら、かなりたっぷりと物を入れることができます。普段から荷物の多い人、パソコンを持ち歩かなければならない人などにおすすめなのが、この角形のトートバッグです。また、角形のトートバッグはショッピングバッグとしても、とても役立ちますよ。買い物のときは様々な形のものを買います。トートバッグが角形だとある程度入れるものの形に合わせて、バッグの形も変化します。たくさんのものが入る理由は、こんなところにもあるんですね。さらに、角形のトートバッグはビジネスシーンでも活躍してくれますよ!「トートバッグは女性が持つもの…」と思っている男性も要チェックです!

ずんぐりしたフォルムが可愛い丸形

最近は角が丸みを帯びていて、全体的に見ても丸形のトートバッグが注目されています。縦長トートバッグの角が取れたものや、楕円形、本当にまん丸のものなどがあって、そのずんぐりとした形が女性を中心に人気を集めています。丸形のトートバッグでも縦長で大きめのものであれば、たっぷりものを入れることができるのでショッピングバッグや、マザーズバッグとしてもおすすめです。あまりないとは思いますが、もし赤ちゃんがバッグに顔を近づけても、角が丸ければ安心です。そのほか、小さめの丸形トートバッグなら、おしゃれバッグととても使えますね♪丸形のトートバッグは、可愛らしいデザインが多いのも特徴です。「角ばっていて、いかにも“バッグ”って感じのするものは嫌!」という人には、丸形のトートバッグがおすすめですよ!

定番の舟形

角形に次いで定番のトートバッグの形といえば、舟形ではないでしょうか?この形はボート形ともいいますね。船の形のように底のほうから上のほうにいくにしたがって、次第に広がっていく…あの形です。小さめのトートバッグをランチバッグとして使っている人もいると思いますが、それに多く見られるのが舟形なのです。もちろん、舟形のトートバッグもサイズには幅があります。通勤や通学、ショッピングにぴったりの大きめのものから、ランチバッグのような小さなものまで…。「舟形って底が狭くて、収納力が不安…」という人も安心してください!舟形のトートバッグは、ものによっては角形よりもマチがたっぷり付いていることが多いんですよ。それから、詰め込み過ぎて多少膨らんでしまっても、小脇に抱えるとスッキリ見えるのが舟形トートバッグの魅力といえるでしょう♪